幼稚園から保育園への転園③~完~

こぷぅについて子育て

こんにちは、シンママ・ぷぅたです😀(@SinglemamaP)
前回は、幼稚園から保育園へ転園した理由の80%を占める”大元”について書いてみました🖊



書き終わった後も、また怒り💢が込み上げてきて、ついついヤケ酒🍶(笑)
でも改めて思ったのは、
ホントに私は、理不尽なコトが大嫌い
なんだな。。。と、再認識。
そして、本来は「逃げるのが嫌い」な性格でしたが、結果的に、傍から見たら、私たち親子は”逃げた”んだな。。。とも思っています。
でもそれも、全く後悔していません。



さて今回は、転園の理由の残り20%について、書いてみたいと思います😊
トリガーになったのは、夏休み中に園長先生と立ち話をした時のコト。



”上履き事件”の後少しして夏休みに入り、8月一杯こぷぅは近所の保育園へ(一時的に)転園。
勿論その措置の為に、幼稚園だけでなく在住区と幼稚園のある区の役所と保育園と、多くの方々のお手を煩わせたと思います。
大変有難いと、感謝しかありません。
しかもまた、同じ区役所でも対応してくれる方によって言ってるコトが違ったり、わっちゃわちゃになっていましたしね💦
※因みに、同様の措置は以前にも何例もあったそうです。



幼稚園が夏休みに入る7月20日前後から、保育園に転入する8月1日までの数日。
仕事を持つ身、特に当時はまだ企業に出勤していましたから、まずこぷぅの預け先に困ります。
何とか実家の母、分散して夏休みを取っていた兄姉、また保育園の一時預かりなどを駆使して8月1日を迎えました。
当時から在宅で仕事をしていれば、もしかしたら夏休み中も、そしてその後も、保育園への転園はなかったのかもしれません。



そして夏休み中、幼稚園で習い事のイベントがあり、早朝からこぷぅと出掛けた時に、”園長先生との立ち話し”をします。



最初はニコヤカに❔、会話がスタート😀

園長:こぷぅ君、新しい保育園はどうですか?
ぷぅた:お陰様ですぐに馴染んでくれて、私も安心しました。
:いやぁ、手続き大変でしたよぉ。A区(私たちの在住区)も、もっとそんな一時的な転園なんて禁止すればいいんですよ。B区(幼稚園のある区)では、一切受け入れませんからね。
ぷぅた:(ちょっと違和感を感じながらも)え、そうなんですか?
園長:そうです。例えばこぷぅ君がB区に住んでいて、うちの幼稚園から一時的にB区内にある保育園への転園っていうのは、認められないんですよ。
ぷぅた:へぇ、そうなんですねぇ。。。(この後、どう話しが続くんだっ?!と思いながら)
園長:もう、二度とあんな手続きしたくないですね!
ぷぅた:・・・・(む、ム、MU、無)


横にいたママ友がすかさず、「でもA区の区役所でも聞いたし私も知ってるママさんですけど、以前この幼稚園に通ってたお仕事をしてるお母さんも、同じように夏休み中だけ一時的に保育園に転園した方いますよねぇ」って突っ込んでましたけどね。
私も知ってるお母さんで、今は小学生になったお子さん2人、同じ幼稚園に通わせながら保育園への転園やらをして、未だにお仕事しています。
そしたら、園長先生・・・



そんな人、うちの幼稚園にいませんでしたよお子さんがいたらお仕事休めないのは判りますが、例えばこども園とかB区にもありますし、私も関わっていたコトありますが、✖✖園なんかは・・・・」
と話し始めます。
言外に、「働いて子どもの預け先に困るなら、最初から保育園かこども園に入れればいい」と言わんばかりの口調。
その時、1年近く前の園長先生との面談を思い出しました。



それはこぷぅが入園して、まだ数か月の頃。
園生活にも慣れきて、時短ながらも私自身も外での仕事を始めたばかりの頃でした。
入園前に「働くお母さんにも理解のある園」という触れ込みを信じて入園させましたが、やはり心配だった私は担任の先生との面談をお願いしました。
そこへ園長先生も同席する、という連絡を頂いたので、特別お断りする理由もなく三者面談?となりました。



私としては、働き始めるコトでこぷぅが延長保育を使うかもしれない。
また赤ちゃんの頃からのこぷぅの気質なりをお伝えして、寂しがったり何かしらのストレスにさらされていると見受けられたらすぐに報告して頂きたい。
など、以前こぷぅにあった自傷行為が再発しないように、お願いするつもりでした。
ところが私が具体的に話し始めるより先に、「お仕事しながらお1人でこぷぅ君を育てるのも、大変でしょう。以前私が関係していたこども園が、B区の〇〇エリアにあるのですが。。。」と話し始めたのです。



結局その時は、本来私がお話し、お願いしたかった内容をお伝えし、適度に雑談などもして面談は終了。
勿論私としては、
経済的に厳しいだろうと(勝手に勘違いされて)、さほどお金の掛からないこども園への転園を勧められた
という点に、モヤっとしたのは事実です。
でもこれからこぷぅがお世話になる園の、しかも園長先生との関係を悪くしたくない。
ちょっと先走って勘違いして、カナリの貧困シングルだと思われたかもしれないけど(プライド傷つきましたけどね)、こぷぅを託す以上飲み込むしかない。



”園長先生との立ち話し”の時より更に1年前の出来事がフラッシュバックして、私は勝手に結論付けました。
「あぁ、この園が想定している”働くお母さん”ってのは、祖父母やファミサポ、シッターさんなどのフォローが完璧にある、バリキャリのコトなんだ。経済的に余裕がないと思われるシングルは、”働くお母さん”ではないんだ」
入園してから1年半の間に、2度「幼稚園ではなく保育園(若しくは、こども園)はどうか」と勧められたのは、きっと私だけなんだろうな(苦笑)
その時には既に一時的に転園していた保育園の良さを実感していたし、「もし2学期以降もこの保育園だったら。。」ってたまに妄想してたし。
思わずぷぅた、言っちゃいました。


そうですか。では2学期以降も保育園へ通い続ける方向で調整してみますね。
今の園には、お友達の持ち物にイタズラする子もいないから、、楽しそうに通っていますしネ😉
これ以上園長先生のお手を煩わせるのも恐縮ですが、もし通い続けられない
コトになりましたら。。申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。




あぁ。。とっても丁寧な言葉を遣ったつもりだけど、確実に私の顔は引きつってた・・・
大人げないと思います、自分でも。
ただ、ちょっとした❔嫌味を言った途端、園長先生の顔色変わってたなぁ~
当時不在だったとは言え、”上履き事件”の時は【園長として】まともに対応してくれたとは思えなかったし😜



とまぁ、こんな感じで、こぷぅは”幼稚園児”から”保育園児”へと変身❕しました。
転園の理由として、客観的に見て有りなのか無しなのかは判りません。
この時の私の判断が、今後こぷぅにどういう影響を与えるか・・考え出したらキリがありません。
とりあえず今は、”ベストな選択をした”と信じるのみです😊
今回もお読みいただき、ありがとうございます🐷




☝複数のポイントサイトを使用して、毎月〇万円GETしてます💕


☟ポチポチと、お小遣い稼ぎしています💕


💕ご声援、励みになります💕

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村 子育てブログへ


この記事を書いた人

ぷぅた

一人息子の”こぷぅ”をこよなく溺愛する、アラフォー・シングルマザーです。
在宅ワーカーなのをこれ幸いにと、毎日こぷぅのコーデや朝食をUPしています❤
たまに、バカボン(注:元旦那)が登場します。

子育て