スポンサーリンク

習い事の付き添い

こぷぅとの愛溢れる毎日シングルマザー,子育て,教育

おはようございます、シンママ・ぷぅたです😀(@SinglemamaP)
(毎月言ってる感じがするけど💦)、あっという間に11月…
2022年も、残り2カ月をきってしまいましたΣ( ̄□ ̄|||)






他にも沢山書きたいコトあるのに、中々…でもそんな中でも、最近フと思ったコトがあったので、ちょっと書いてみよっと🖊
と思って、久しぶりにブログ開きました←もっと、頑張れww





相変わらず、週に数日は習い事をやっているこぷぅ。
さすがにまだ2年生だし、習い事の送迎は場所柄必要だったりします🚲













がしかし、こぷぅは元々チキンな性格だった故、レッスン中も私がつきっきりだったんですね。
特に、小学校入る前くらいまでは、かな。
初めてこぷぅが習い事をしたのが、1歳半くらいの頃から。
まだ親子分離も難しいだろうって頃だったんだけど、案の定ギャン泣き😂





ただこの時は(体操教室だったんだけど)、先生がすごく良い方で、こぷぅも懐いてたの。
終始抱っこされてたし、ガラス越しでも「ママがずっと見てるよ」って形で安心させて、徐々にお教室にも慣れさせていったのね。






そもそもそのお教室自体、当時はまだ本人の意識はないんだけど、
「今日体操教室の日だよぉ~🎶」って言うと、
「●●ちぇんちぇ(先生)、会えるかな😚」って、そわそわしてたくらい🥰





だけどお教室の前に立つと、「まんまーっ❕❕」ってなる😂😂😂
そんなコトを繰り返してたんだけど、私の中で
ママは絶対にここにいて、こぷぅちゃんと見てるから
ってメッセージは欠かさなかったの。






正直、周りは子どもを預けた途端、泣こうが喚こうが「先生に任せたっ❕」てな感じで、ママさん同士でお喋りしてた。
その当時の私は、すごいな。慣れてるんだな…泣き声が聞こえるだけで穏やかでなくなる私は、母親としてまだまだだな。とか、思ってたの。
何度もそんなコトを繰り返してたんだけど、毎回お教室の前に





ママさ、絶対にこぷぅを見てるんだよ❔
ママーって泣いてるのも、判ってるんだ😊
でも、●●先生と一緒に、楽しくしてる姿も見たいんだよね






てな話をしててね。
それからはもぉっっ❕😤





この体操教室で慣れ始めた頃から、近所のドラキッズへ入会。
別にこの頃は早期学習とか幼児教育とか一切考えなかったんだけど、とりあえず幼稚園に入るまでにお友達作らなくちゃっ❕って、焦ってた部分はあった。
で、ここはまず最初の1年間は、親も一緒に入室。




でもこの頃には、こぷぅもママいなくても平気な子になってた。
安心感があったのかな、いつもママは見てるっていう。
2年目から親子分離が始まったんだけど、クラスの半分以上は泣いてたかなぁ…
私が繰り返しこぷぅに言ってたのは、





「例えこぷぅからママの姿が見えなくても、絶対にママは見てるよ」







ってだけ。
小学校に入って、そうだなぁ…1年生も半分くらい過ぎる頃までは、やはり後ろを振り返りつつ、私の姿を探してたかもしれない。
でも今では、ホントに「ママ、来なくていいよ」って言うくらいになった(笑)
良く言えば、慎重。
悪く言えば、ただのビビり😂




赤ちゃんの頃からの気質を見てて、1歳半から色んな場所に連れて行って得た私の考えは、色んな”教育のプロ”の方々も仰ってるけど、
安心感を与える
なのかなぁ~って、最近しみじみと感じてます。




ママは、絶対に見てるよ👍




この言葉、ある意味思春期になったら、うぜーでしかないんだけど(笑)
少なくともうちのこぷぅの性格的な面、あとは環境を考えたら、まだ暫くはこれで何とかなるのかなって思ってます。





現状、バスで通学する距離の小学校に通ってる。
習い事も、基本的には学校を主軸にしても、自宅を主軸にしても、やはり送迎必須な場所。

これらを考えると、付き添いは仕方ないんだけど。
たださすがに、レッスン中は私もお買い物に行ったり、必要なコトをするようにしてる。
進捗状況なんかは別途入手してるから、
「ママ毎回見れてないかもしれないけど、こぷぅがどれだけできるようになったか、ちゃんと確認できてるからね」
とは、伝えてる。





考えたら、3歳になる前に、入園希望だった幼稚園のプレに通ってた時もそうだったな。
大好きな園長先生の傍に行きたくて、誰よりも前に陣取ってお目目キラキラ✨させながら園長先生のお話しを聞いてた。
幼稚園のホールの中だし、私も後ろの方にいるんだけど、時折振り返って私に手を振って、熱心に先生のお話し聞いてた。





3歳になる前だから、そりゃぁカオスだったよ…
泣きわめく、ママから離れない…
色んな子がいたけど、そういう意味でもこぷぅには
「振り返ればヤツがいる」
な状態で(古っ)、絶対にママが後ろにいるって判ってるから、ちゃんと大人しく座って園長先生のお話を聴けていた。
こういう点からも、安心感は必須だったのかな。って思う。




小学校に入ってからだって、入学当初はお友達もいないで完全アウェイ状態だったこぷぅ。
今考えたら恥ずかしいくらい、私は校庭に集まる児童たちをフェンス越しに見て、こぷぅが校舎に入って行くのをずっと手ぇ振ってた👋
あの時はこぷぅも不安な毎日だったし、何より私自身が病んでた時だったから、とりあえず見えなくなるまでこぷぅを見送るしか術がなかったんだけどね。





余談だけど、下校時に校門から出てくると毎回暗ぁ~い顔してたこぷぅ。
1番にこぷぅの表情・様子を知りたかったから、校門を出てきたらすぐに見える場所に待機してた。
この頃は同じ幼稚園のママさんたちは世間話しながら門から少し離れた場所で待機してたけど、私はもう何より毎日のこぷぅの表情が気になってた。






大げさかもしれないし、私自身が気にし過ぎだったんだろうけど、ただ義務的に送迎するって誰でもできるじゃん。
帰ってきた時の自分の子どもの様子を見て、諸々対応するのが親じゃないのかな。
って、本気で思ってた。





だから、私が帯同しないボーイスカウトのキャンプはは絶対に行きたがらないと思ってた。
でも、
「ママは一緒に行けないけど、状況は逐一リーダーたちが知らせてくれるから。楽しみにしてるよ👍」
とだけ、伝えて送り出しました。




後からリーダーたちにお聞きしたら、夜寝る時も寂しがらなかったし、周りのお友達と一緒に張り切って、頑張っていたそうです。
こぷぅ本人にも聞いたけど、やるコト一杯あり過ぎて、ママのコト思い出したのは寝る前のちょびっとだけ。だったそうです😂







巧く言語化できないのがもどかしいんだけど、ぶっちゃけます。
習い事、お金払ってお教室に入れてるんだから、その間は親も自由な時間が欲しい。
その気持ちも判るし、そういう親御さんも沢山接してきて未だに仲良しの人もいます。





でもさ、子どもを第一に考えてよ…と。
泣き叫んでもママが他の人とお喋りしてて、泣いてる自分を見ても(気付いても)くれない状況が続くの。
子どもからしたら、「ママには通じない」って、刷り込まれてるのと同じだと思うんだよね。







ストレス発散したい、普段ワンオペで大人との会話がほぼ皆無→習い事の場で、ママ友とお喋りしたい。
その気持ちは判るけど、まだ親子分離ができるかできないかって時期に、子どもの気持ちを蔑ろにしないで欲しい。
少ない統計下だけど、幼少時から何をしても親が見てない(親が自分のお喋りや携帯弄りを優先させる)って中で育った子って、小学校入ってから違うと思う。
「どうせ見てないでしょ」
「どうせ見てないんだから、自分も好き勝手するよ」

そんな感じの子が多い気がする…








今なぜ、そんな何年も前のコトを思い出したかと言うと、そういう意味での親離れしていない子が、結構いるなぁ~って気付いたの。
ママがいないと好き勝手する。
でもたまにママが見学してると、全然態度が違う。
授業参観なんか、よく見掛ける光景。




これは一例なんだけど、私的には
「ママが見てないからって勝手なコトをする位なら、ママの前でも堂々と好き勝手しろよ。
ママが怖いからやらない。でも見てないからやってやる。って考え方は卑怯だから、絶対するな」

って、ずっとこぷぅに言ってきたコトなんだよね👆




なので、これは2年連続担任の先生(違う先生です)に言われたのが、
「こぷぅ君は、普段の学校生活も、お母さんがお見えになっている時も、本当に裏表なく同じですね。
大抵は、親御さんがいらっしゃると態度が全然変わるコトが多いのですが、こぷぅ君は何も変わりません」

・・・「それは、良いコトなのでしょうか?」って、思わず聞いちゃいました(笑)





子どもにとって『いつもママは僕の味方。いつも見ていてくれている』って”安心感”を与えられる親でありたいな。
つくづくそんなコトを考えたひと時でした。

今回もお読みいただき、ありがとうございます🐷


楽天ROOMで、お気に入りを色々揃えてます💕☞



☝複数のポイントサイトを使用して、毎月〇万円GETしてます💕


☟ポチポチと、お小遣い稼ぎしています💕




💕ご声援、励みになります💕

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村 子育てブログへ


人気ブログランキング

この記事を書いた人

ぷぅた

一人息子の”こぷぅ”をこよなく溺愛する、アラフォー・シングルマザーです。
在宅ワーカーなのをこれ幸いにと、毎日こぷぅのコーデや朝食をUPしています❤
たまに、バカボン(注:元旦那)が登場します。